日本バイオマス開発株式会社
● トップページ
● 企業情報
  社長あいさつ
  会社概要
  営業拠点
● 事業案内
  バイオマス開発
  バイオマスとは
  バイオマス発電所
の完成まで
  バイオマス発電を
取り巻く環境
  ビジネスモデル
  コンサルティング
  ビジネスフィールド
  コンサルティング
業務実績
● 事業実績
  やまがた
グリーンパワー

(木酢液の販売)
  いしかわ
グリーンパワー
  やまがたグリーン
リサイクル
● リンク
● お問い合わせ
● サイトマップ
 
バイオマス開発
バイオマス発電を取り巻く環境
 一方、バイオマスの利用は、地球規模で問題となっている地球温暖化防止並びに限りある有効資源を有効活用する循環型社会の形成に大きく寄与します。こうしたバイオマスの利用方法の中で、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのうち二酸化炭素削減の技術として注目されているものがバイオマス発電です。
 バイオマスエネルギーを燃やすと二酸化炭素(CO2)が排出されます。そのCO2は植物の光合成によって再び植物体内に固定化されるため、エネルギー資源としての循環型利用が可能です。言い換えると、バイオマスを燃焼させて発生するCO2は、生物が光合成により大気中から吸収したものですので、バイオマスは自然の循環系の中でCO2を増加させないという「カーボンニュートラル」を有していると言えます。
 エネルギーの消費と植物の育成のバランスを保つことが出来れば、大気中のCO2濃度が上昇することはありません。また、それに加えて電力或いは熱エネルギーを発生させるために使用していた石油・石炭・ガスといった化石燃料の使用を削減できることから、地球温暖化の原因となる温室効果ガス発生を抑えることが出来ます。

バイオマス発電

  All documents, images and photographs included in this site are owned by JAPAN BIOMASS DEVELOPMENT Co.,LTD
Unauthorized use is strictly prohibited, unless permitted by local law.
Copyright(C) 2005 JAPAN BIOMASS DEVELOPMENT Co.,LTD